復旧にニーズ

手のひらとウインドウ

PCのデータが壊れてしまった、というような時に便利なのがデータ復旧サービスです。歴史としては比較的新しい技術サービスです。 PCの普及以降、使用されるハードディスクそのものが進化してきましたが、同様にデータ復旧サービスも変化してきました。 最初はPC用のハードディスク単体のデータを復元するようなものでした。 その後、ファイルサーバやNASというネットワーク接続型のディスク装置でraidというディスクを複数使用してデータを守る技術が使われるようになってから、raid復旧サービスも出現してきました。 もともと、データを守るはずのraid技術ですが、誤った認識により、データを使えなくしてしまうことが多く、raid復旧のニーズは非常に多いのです。

raid復旧は単体のハードディスクの復旧に比べて、複数ディスクを扱うことや、raidの種類も複数あり、難易度が高いと言われます。 また、ディスクの大容量化に伴い、復旧時間も長くかかる傾向にあります。 これに対し、raid復旧の技術進歩もあり、様々なraid種類の復旧に対応可能としていたり、格安で復旧すると謳っている業者も多くなってきました。 今後も対応数の多さ、時間の短縮化や低料金化は引き続き求められると考えられます。 更に難易度の高い暗号化されたデータ復旧にも対応できるかどうか、という点も差別化の要因となるでしょう。 そして、昨今はハードディスクに代わるSSDが流行しています。 raid復旧に関しても、今後はSSDに対応することが求められてくると予測されます。